スイス

【世界の名峰シリーズ】マッターホルンを車椅子で見に行くには?

こんにちは!Miyoです。

世界屈指の名峰、マッターホルンを拝みにスイスに立ち寄りました。

個人的に好きな山ランキングで上位に入っている大好きな山だったので、実際目にした時は大興奮でしたよ。。

結論から言いますと、車椅子でもマッターホルンを拝むことは可能です!

 

 

 

 

 

 

 

 

マッターホルンまでの交通手段

マッターホルンはスイスのツェルマットという街にあって、スイス内の主要な街からは電車移動になるかと思います。

電車に乗る際は、以下のURLに掲載されている電話番号に事前に(出来れば前日まで)車椅子で何時の電車に乗るかを連絡する必要があります。

 

 

-スイス政府観光局公式ホームページ-
https://m.myswitzerland.com/ja/travel-by-train-with-disabilities.html

In Switzerland: 0800 007 102 (toll-free number)
Abroad +41 51 225 78 44 (subject to a charge)

 

 

その際に電動か手動車椅子か、などを伝えます。

※会話は簡単な英語でOKですが、担当者によっては英語が苦手な人もいるので根気よく、特に乗る時間と降りる場所は念入りに伝えましょう。

 

 

鉄道用の手動リフトで電車に乗り降りします。

 

 

 

 

ツェルマットという街

ツェルマットは自然と家の色合いがマッチしてとっても美しい街です!

バリアフリーの目線で見ると、道のアップダウンや路面の石畳の部分が多少キツイところもありましたが、介助者がいれば全く問題ないかと思います。

派手すぎず、落ち着いた美しさ。

 

 

路面は思っているよりは整っていました。

 

 

スイスのチーズってなんでこんなに美味しいのか・・

 

 

レストランや、お店には段差がある所が多いので、遠慮なく手伝ってもらいましょう!
快くヘルプしてくれます。

 

 

 

 

いざ、展望台へ

私は、早朝からケーブルカー1本で行けるスネガという展望台に行きました。

展望台はチケットがディスカウントされるので、伝えるのを忘れずに!

テーマパークのアトラクション感覚でとても楽しいです。

 

 

車椅子用?自転車用?にスロープあり。

 

 

ケーブルカーはバリアフリーで、自転車が乗るスペースに一緒に乗らせてもらいます。

 

 

展望台は、「晴れていたら綺麗にマッターホルンが見れただろうな~!」

と思えるようなスペースまで段差なく車椅子で行けるので、いつかまた来た時にリベンジしてみたいと思います!

 

 

おまけ。

本当はリフトに乗り継いでもっと上まで行けるようなのですが、その日は残念ながら朝から曇りでマッターホルンは見えなかったので断念しました。

 

 

 

 

まとめ

今回は残念ながらお天気には恵まれませんでしたが、車椅子でもマッターホルンを拝むことができた!

という経験を積めたのは大きかったです。

自然が本当に美しく、空気も料理も美味しいスイス。

是非皆様もチャレンジしてみて下さい♪

 

 

-スイス
-, , , , , , , , ,

Translate »